固定観念にとらわれない結婚指輪を選ぼう

婚約指輪とは違い、結婚した夫婦が二人でひとつづつ左手の薬指に結婚指輪をはめます。

お揃いのデザインや記念日、イニシャルなどを彫ったオリジナルの結婚指輪など、長く使える飽きのこないデザインを好む方は多いと思います。

婚約指輪はダイヤモンド、結婚指輪はプラチナのブランド物でないと嫌という人もいらっしゃいますが、一生を共に歩むと決めた伴侶との結婚記念を意味するものですから、固定観念にとらわれず、好きなデザイン、気に入った色や石をあしらった結婚指輪など、個性あふれる選び方をしても良いです。

結婚指輪は一人で見に行くか、もしくは二人で見に行って決めるのが一番です。

友人や家族の意見もあるかもしれませんが、二人の結婚の記念ですから他者の意見ではなく、本人同士で決めるのがいいです。

あとは指輪選び前に決めておきたいのが予算です。

お店に行ってからいろいろと目移りしますし、価格が予算以上ということも考えられます。

だいたいこのくらいの予算で、こんな感じのデザインというように一応決めておくといいです。

ジュエリーショップも一か所だけみて決めるのではなく、いろいろ回ることで指輪の相場やデザインもわかるようになってきます。

気に入ったデザインと価格の結婚指輪に巡り合えます。

挙式間近で指輪探しを始めると、時間がないことで焦りを感じ始めますので、早めに選ぶといいです。

Comments are closed.